台湾戸籍の収集


帰化申請や相続などで必要となる台湾戸籍。

台湾の戸籍は現地でしかとることができません。

 

・本人が台湾に行くことができない 

・台湾に戸籍をとってくれる親戚がいない

 

当事務所では、台湾に提携している代理人がおります。

台湾で戸籍をとるための委任状(授権書)を正式なものにして台湾に送ります。

 

 

 

当事務所では、東京・神奈川であれば、台北駐日経済文化代表処に

同行しています。

収集代行サポート費用 お見積りします

授権書の申請に必要なもの

委任者のパスポート及び写し一枚

帰化された方は帰化記録のある日本の戸籍謄本一部及び翻訳

・認証手数料1600円@1部

・(本籍地がわかる資料、台湾の身分証番号)

 

委任する方が台湾籍か日本国籍かで、公証役場の認証を必要とする場合があります。


本人請求サポート費用 お見積りします

※翻訳費用は別途発生します。

台湾で代理人に取得してもらうこととは別に、本人が郵送で台湾に戸籍の請求をすることもできます。

当事務所では、ご本人が請求する場合の手続きもサポートしています。

※本人請求の場合でも一度は日本にある台湾経済文化代表処に行き、パスポート等に認証を受ける必要があります。

 

 

郵送申請に必要な物:

1.戸籍閲覧申請書

2.申請者のパスポート(台湾経済文化代表処で認証を受ける)

3.返信用封筒

4.戸籍費用→台湾ドル(戸籍謄本1部15ドル+EMS郵送代金等)

5.依頼書

注:帰化した方は原戸籍謄本が必要。

本人以外(両親や子供)の戸籍謄本を申請する場合は関係証明書類が必要です。

 

台湾の法律上、戸籍謄本は本人及び一等親の方、又は利害関係者のみの申請と定められています。

利害関係につきましては、相続関係のわかる書類(戸籍謄本等)が必要です。

 

【申請手順】

戸籍閲覧申請書、パスポートを台湾経済文化代表処にて認証を受けます。(ご本人が行く必要があります。)

なお、日本パスポート或いは運転免許証については、事前に公証役場で公証を受ける必要があります。

(台湾籍の方は不要)

上記書類及び費用を同封の上、台湾の戸政事務所に郵送して、請求します。

 

郵送請求後、台湾の戸政事務所とのやりとりなどをサポートします。

 


台湾の本籍地がわかる資料をご用意の上、お問い合わせフォームにてお問合せください。